【鬼滅の刃】122話ネタバレ感想!無一郎の体は限界!?炭治郎のピンチを救うは恋の呼吸

鬼滅の刃122話のネタバレ感想です。

 

玉壺との戦いにて

圧倒的な力を見せつけた無一郎

玉壺も奇天烈な技を連発しましたが

無一郎には及ばず

あっさりと斬られてしまいます。

〈鬼滅の刃121話より〉

 

しかし、上弦の鬼である玉壺が

こんなにもあっさりと負けてしまうのでしょうか。

 

無一郎は勝利を確信しているようですが

果たして勝負の行方は…?

 

 

そして、無一郎の戦いとは別

炭治郎の戦いも忘れてはいけません。

こちらも上弦の鬼を相手にし

満身創痍の中、戦います。

 

しかし、こちらは炭治郎の力だけでは…

どうも勝機が見出すことができません。

どんどん追い込まれる炭次郎…

 

そんな炭治郎のピンチ

駆け付けたのは…!?

スポンサーリンク

限界だった…

玉壺を斬り、戦いを終えた無一郎

何やら様子がおかしい

〈鬼滅の刃122話より〉

 

さっきまでのクールでカッコいい無一郎じゃなくなってる!

 

目が死んでる

息も上がっていて

体をプルプル震わせ

立っているだけでもしんどそうです。

 

 

小鉄への心配を口にしたところで限界に達します。

無一郎は口から大量の泡を吐いて倒れてしまいます。

 

 

どうやら

玉壺の毒が全身に回っており

受けた攻撃もしっかりとダメージとして体に蓄積していたようです。

さきほどまでは、覚醒状態にあり

全ての痛みを無に変えていたような

そんな状態だったようです。

 

 

泡を吹いてぶっ倒れてしまった無一郎

傍では鉄穴森さんがパニック状態

どうしていいか分からず、慌てふためいています。

助けを呼ぶも、誰も来ない。

 

もちろん、この男は来ない。

〈鬼滅の刃122話より〉

こんな状態でも自分の世界に入り込み

刀を研ぎ続ける鋼鐵塚

スゴイ!というか…

これだけやっておいて

すげぇ刀が完成しなかったら怒るぞw

 

 

 

そんな慌てふためく鉄穴森の元へ

致命傷を負っているはずの小鉄がやって来ます。

〈鬼滅の刃122話より〉

鳩尾を刺されたはずでしたが

炭治郎から預かっていた刀の鍔があったおかげで助かったようです。

良かったです!!

炭治郎ファインプレーでした!

 

 

小鉄の無事を確認できた無一郎

薄れゆく意識の中

走馬灯のように彼の頭の中には

柱として共に戦ってきた煉獄さん

彼の父、母、そして兄

〈鬼滅の刃122話より〉

今は亡き人々のことが思い起こされます。

 

 

亡くなっている人々が意識の中に現れるということは

きっと無一郎もそちらの世界に行きかけているということなのでしょう。

 

 

玉壺との戦いの中で

圧倒的な力を見せ

鬼殺隊の柱として威厳を見せてくれた無一郎でしたが

その体は限界に達していたようです。

 

 

 

無一郎は、体が動かず

薄れゆく意識の中

兄を想い、涙が流れてくるのでした。

 

このまま無一郎も死んでしまうのでしょうか…

そして、122話では玉壺の描写が全くありません。

粉々に切り刻まれてしまったので

跡形が残っていないからなのかもしれませんが

ちゃんと死んでいるのか確認ができません。

 

まだ生きている気がしてならない…

なぜなら

彼は上弦だから…

 

スポンサーリンク

炭治郎のピンチに…

炭治郎は苦戦を強いられています。

〈鬼滅の刃122話より〉

 

既に満身創痍であった中

鬼は合体し、更なる力でぶつかってきます。

とても勝てるとは思えません…

このまま体力を削られ、ダメージを重ねていくだけなのか…

 

炭治郎は、鬼の攻撃により

鼓膜を破られ

足をバキバキにやられ

致命傷を重ねていきます。

 

次々に繰り出される攻撃に

呼吸を使う暇もなく

回復に時間を使うことができません。

 

 

そして…

このままではやられてしまう

 

 

そんなときに現れたのが

〈鬼滅の刃122話より〉

甘露寺さんでした!

 

 

間一髪!

炭治郎は命を助けられました。

 

ちょっと君!

おイタが過ぎるわよ!

〈鬼滅の刃122話より引用〉

 

まるで保育園の先生が

子どもを叱りつけるときのような

そんな感じで甘露寺さんは

鬼へ怒りをぶつけます。

 

 

すると鬼からは心無い暴言が返ってきます。

黙れ あばずれが

〈鬼滅の刃122話より引用〉

〈鬼滅の刃122話より〉

 

これには、だいぶショックを受けた様子の甘露寺さんw

今までにそんな汚い言葉とは無縁だったことでしょう。

かなりの衝撃だったようで、怒りに体を震わせます。

 

 

直後、鬼は甘露寺さんに攻撃をしかけますが

〈鬼滅の刃122話より〉

恋の呼吸 参ノ型

恋猫しぐれ!!

 

炭治郎が鼓膜をやられてしまった攻撃を

甘露寺さんは恋の呼吸により

軽くかわして見せます。

というか、相手の攻撃を斬るという

不思議な技を見せてくれました。

 

 

技を斬る…!?

恋の呼吸ってどんな性質なんでしょうか。

 

それにしても…

やはり、柱は強いぞ!!

122話のまとめ&感想!

無一郎が心配ではありますが…

新たに登場した甘露寺さんの戦いに夢中ですw

 

恋の呼吸ってなんだよって思っていましたので

それらの技が明らかになってきてワクワクしていますw

どんな戦いを見せてくれるのか楽しみで仕方ありませんね

 

 

それに…

甘露寺さん

やっぱりカワイイw

 

【鬼滅の刃】123話ネタバレ感想!甘露寺さんの持つ特異体質とは?お見合いの破談がトラウマに…!?

2018.08.27

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です