【鬼滅の刃】117話ネタバレ感想!絶体絶命の無一郎!助けたのは小鉄の機転!!

鬼滅の刃117話のネタバレ感想です

 

半天狗の首をもう少しで

切り落とせるところまで追いつめたが

新たな鬼の登場によりそれも阻まれます

<鬼滅の刃116話より>

 

「憎」の文字を背負った新たな鬼

 

どうやら新しく分裂したわけではなく

「怒」の鬼が他の3体

「楽」「喜」「哀」を吸収し合体したようです

 

「憎」の鬼は炭治郎や玄弥らに

悪人共と罵ります

「小さく弱き者」を斬ろうとしたからと

 

これに対し炭治郎は激怒

 

大勢の人間を喰っておきながら

その言い草はありえませんからね

 

117話では場面が変わり

霞柱・時透 無一郎の戦いに移ります

 

玉壺の血鬼術・水獄鉢で水の中に

囚われてしまった無一郎

薄れゆく意識の中で炭治郎の姿をした

「誰か」と会話をします

 

一方では刀を磨き上げようとする鋼鐵塚に

玉壺が近づいていきます

 

無一郎は小鉄の機転で窮地を脱出

しかし小鉄の受けた傷は深く・・・

スポンサーリンク

諦めた無一郎

水獄鉢の中で無一郎は肺に残っている

わずかな空気で技を繰り出します

 

霞の呼吸・壱の型

「垂天遠霞」

 

鋭い突き技も水獄鉢を壊すことは

できませんでした

 

刃こぼれした刀じゃ当然かと

無一郎は脱出を諦め死を覚悟します

<鬼滅の刃117話より>

 

そんな無一郎の前に炭治郎が現れます

 

俺は死ぬ、そう思った無一郎に炭治郎は言います

どうしてそう思うんだ?

先のことなんて誰にもわからないのに

<鬼滅の刃117話より引用>

 

もちろんこれは本当に炭治郎がいるわけではありません

 

無一郎もそれはわかっています

無一郎の意識をそこに留めたのは

このことを言われたのが炭治郎ではなく

他の誰かだったこと

 

そしてそれが思い出せないことでした

 

究極の集中力

刀を研ぐ鋼鐵塚を守ろうと

玉壺に鉄穴森は必死で抵抗します

 

しかし相手は上弦

相手になるはずもありません

 

鋼鐵塚の小屋へ玉壺は侵入します

 

それでも鋼鐵塚は刀を研ぎ続けます

玉壺など目に入らず

刀に魅入られ、恐ろしいほどの集中力で

 

玉壺はこれに芸術家として敗北を感じ

殺すより、その集中を切るために攻撃します

 

<鬼滅の刃117話より>

 

しかし鋼鐵塚はその手を止めず

刀を研ぎ続けます

この一文字・・・

この一念のみを込めて打った刀なんだ

<鬼滅の刃117話より引用>

 

そう呟きながら

スポンサーリンク

水獄鉢からの脱出

水獄鉢の中で空気も尽き瀕死の無一郎

薄れゆく意識の中で炭治郎と会話をします

 

そんな瀕死の無一郎を助けようと

小鉄が包丁を水獄鉢に突き刺します

 

嫌いだと言っていた無一郎を

涙を流しながら助けようとする小鉄ですが

無一郎が切れなかった水獄鉢を

小鉄がどうにかできるはずもありません

 

この時、あることに小鉄は気づきます

しかし小鉄の後ろから玉壺が出した

金魚型の化け物が襲ってきます

 

届かぬ声で逃げろと叫ぶ無一郎

 

初撃はなんとか耐えた小鉄ですが

二撃目がみぞおちに入り致命傷を負います

 

それでも無一郎を助けようと近づく小鉄

<鬼滅の刃117話より>

 

何の力も持たない小鉄が選択したのは

 

水獄鉢の中に自分の呼吸で空気を送ることでした

 

この瞬間、目の前にいた炭治郎が

見知らぬ誰かに変化をします

記憶を失った無一郎の知ってる誰か

その人は言います

人のためにすることは巡り巡って

自分のためになる

そして人は自分ではない誰かのために

信じられないような力を出せる

生き物なんだよ 無一郎

<鬼滅の刃117話より引用>

 

その言葉に「知ってる」と返し

小鉄からもらった空気を取り入れ

<鬼滅の刃117話より>

 

見事、水獄鉢を脱出します

 

なぜ彼の最初の姿が炭治郎だったのか

なぜ最後には違う誰かに変化したのか

 

無一郎の記憶が戻り答えが出るといいですね

 

117話のまとめ&感想!

無一郎が己の弱さと向き合えた回ですね!

 

誰かのために戦うことを思い出した無一郎は

これを機にまた強くなるでしょう

 

鋼鐵塚の刀への想いも強いですね

この刀を研ぎ終えたとき

一体どんな刀が出来上がるのでしょうか?

 

そして水獄鉢から出た無一郎は

全てを助けられるのでしょうか!?

【鬼滅の刃】118話ネタバレ感想!無一郎の"無"は…甦る記憶、そして覚悟!

2018.07.16
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です