【ハイキュー!!】牛若の強さが分かるシーンを厳選紹介!

宮城県内最強チーム

白鳥沢学園高校バレー部

『強者であれ』を掲げる

常勝チームです

 

そしてその白鳥沢学園の

主将を務める絶対的エース

 

牛島 若利

 

名字の牛と名前の若から

牛若と呼ばれています

 

日本ユース代表で

全国でも3本の指に入るエーススパイカー

 

及川率いる強豪・青葉城西高校ですら

牛若の時代の白鳥沢学園に

インハイ予選と春高予選で

1度も勝利したことがありません

 

牛若の性格は真面目で実直

天然なところもあり

その裏表のない真っすぐな言動から

相手をイラつかせることもしばしば

 

今回はそんな牛若の強さが

わかるシーンを厳選紹介!

 

最初の一撃

<古舘春一/集英社・「ハイキュー!! セカンドシーズン」製作委員会・MBS>

 

春高予選決勝で烏野相手への先制

 

烏野の守護神・西谷をものともしない一撃

決まって当然と言わんばかりのスパイクでした

 

試合開始直後のエンジンがかかっていない状態で

このスパイクはまさに

全国のトップクラスを体感させるものでした

 

左利き

<古舘春一/集英社・「ハイキュー!! セカンドシーズン」製作委員会・MBS>

 

作中のほどんどの選手が右利きで描かれる中

唯一と言っていい左利きの牛若

 

全国トップクラスのスパイク

それが通常とは違う左から繰り出されるため

右で慣れている選手たちは対応しづらくなってます

 

普通に考えたらもっと左利きはいるはずですが

それだけ牛若が特別な選手だと位置付けるために

登場させていないのかもしれません

 

サーブ

<古舘春一/集英社・「ハイキュー!! セカンドシーズン」製作委員会・MBS>

 

牛若はスパイクだけでなく

サーブの威力も一級品

 

青葉城西高校の及川ほどの精度はありませんが

威力は相当なもので烏野を苦しめました

 

最終セットに牛若のサーブを起点として

6点をとられたことからも

その威力が並じゃないことがわかります

スポンサーリンク

当然の結果

<古舘春一/集英社・「ハイキュー!! セカンドシーズン」製作委員会・MBS>

 

1年生ながら烏野のブロックの要である月島

しかし牛若は関係なくぶち破ります

 

月島はこの試合を通して

目覚ましい活躍をするのですが

牛若をシャットアウトできたのは

結局のところ1本だけ

 

何の小細工もない真っ向勝負

1対1では西谷同様にものともしませんでした

 

レシーブ

<古舘春一/集英社・「ハイキュー!! セカンドシーズン」製作委員会・MBS>

 

牛若は攻撃に参加することを優先するため

サーブレシーブをまったくしません

 

しかしそれでレシーブが苦手ということはありません

 

日向と影山の変人速攻

普通は唖然とするだけなのですが

牛若はこれを初見で拾いました

 

もちろん諸々の条件というものはありますが

初見でしっかりと対応できることは

牛若の総合力の高さを物語っていますね

 

絶対的なスパイク

<古舘春一/集英社・「ハイキュー!! セカンドシーズン」製作委員会・MBS>

 

第2セット

流れが欲しい烏野はピンチサーバーで山口を投入

サーブ&ブロックで白鳥沢学園を崩しにかかります

 

しかしさすがの牛若

 

高いトスひとつあればそれでいい

 

多少の乱れもなんのその

あがれば決めてみせる

 

まさに王者の風格でした!

エースという自負

<古舘春一/集英社・「ハイキュー!! セカンドシーズン」製作委員会・MBS>

 

第2セット

29-28で烏野のマッチポイント

 

劣勢の中で牛若が放った一言

 

俺に集めろ

 

この状況下において

このセリフが許されるのは

チームの信頼を勝ちとっている証拠ですね

 

冷静な目

<古舘春一/集英社・「ハイキュー!! セカンドシーズン」製作委員会・MBS>

 

威力の高いスパイクだけを撃つわけではありません

 

相手の守備位置を見て

的確に打ち分ける冷静な目も持っています

 

牛若を警戒し

守備位置が後ろへ下がったことを見逃さず

前へ落とすフェイント

 

逃げるわけでもなく

苦し紛れでもない

牛若の力があるからこそ

活きるフェイントですね

 

すべてをねじ伏せる力

<古舘春一/集英社・「ハイキュー!! セカンドシーズン」製作委員会・MBS>

 

ファイナルセット

14-14のデュースで

両校共に絶対に取りたいポイント

 

あらゆる手を尽くし追いすがる烏野

 

そしてそのすべてをねじ伏せる

牛若の王者の一撃

 

まさに一刀両断

勢いづく烏野を見事に黙らせる

見事なスパイクでした

 

空中姿勢

<古舘春一/集英社・「ハイキュー!! セカンドシーズン」製作委員会・MBS>

 

試合も終盤

牛若は徹底的にマークされ

撃ちづらいボールも多い中

1人で40点近い得点

 

得点以上の本数

スパイク・サーブを撃ち

なお空中に留まっているようにさえ見える

 

空中姿勢

 

フォームが乱れたり

打点が低くなったりすることもなく

最後まで脅威であり続けました

 

牛若はスタミナも底知れなかったようです

 

まとめ

全国3本の指に入るエーススパイカー

牛島 若利の強さがわかるシーンを

紹介させていただきました!

 

スパイクが強いのはもちろんのことですが

サーブにレシーブさらにはスタミナと

すべてのレベルが高いことがわかります

 

そこに左利きという特殊性が加わることで

よりその強さが際立っていると言えますね

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。