【不滅のあなたへ】60話ネタバレ!ハヤセの意志を受け継ぐヒサメという少女とは?

『不滅のあなたへ』60話のネタバレです。

【前回までのあらすじ】

フシの為に毒の効かない身体を作り上げ、この世を去ったトナリ。

トナリの遺言からフシは自分には「共に戦ってくれる仲間」が必要だと気づき、仲間を探す旅に出ます。

スポンサーリンク

 

ハヤセの意志を継ぐ孫

ヒサメ再登場

今回メインとなるキャラクターはあのハヤセの孫と名乗り、フシを守る守護団の指揮者である「ヒサメ」という9歳の少女です。

この少女、多少ハヤセに顔が似ているものの、やはりまだ9歳。

不測の事態には時にパニックになったり。

 

前回トナリと争った時も、左腕に寄生したノッカーを抑えきれずヒサメはノッカーに振り回されたあげくそのまま森の中に引きずられて消えていってしまいました。

(まるで寄生獣のミギーならぬヒダリーとでも言うのでしょうか)

 

前回のトナリの感動的な別れに胸を打たれ、すっかりヒサメの事を忘れていた自分でしたが、仲間を探しに歩き出したフシの目の前に森の中からおもむろにヒサメが現れます。

 

不滅のあなたへ 60話

 

っう!! か、かわいい…。

いや決して自分にそういう嗜好がある訳ではありませんが

やっぱ9歳の子って思うと…ね(^_^;)

 

ハヤセから受け継ぐ望み

そしてどうやらヒサメは昨晩トナリと対峙したことを覚えていないようでした。

本当かどうか、ノッカーに操られていたと思っていいのか…。ムム

 

フシはずっと気になっていたヒサメの左腕に寄生したノッカーを取った方がいいと訴えますが。ヒサメは『もうこの左腕はこの子にあげた』と言って拒みます。

 

それでもフシは左腕が腐ってしまうと言って、強制的に取ろうと試みますが。

ここでもノッカーが勝手に動いてその攻撃を跳ね飛ばします。

 

ヒサメはノッカーと対等なバランスで共存しているのかと思っていましたが、どうやらノッカーの方が主導権を握っていそうですね…。(ヒサメカワイソ)

 

さすがにヒサメも自分の身体にかかる負担があまりにも酷いと感じたようで。

なんと

”フシに会うのはこれで最後にする”

と言っちゃいます。

あんなに執着してたのに!!(゜-゜)

 

しかしヒサメが言うには、守護団は表向きの形で。

ハヤセの代から我々親子の間で受け継がれている望みがあるのだとか。

なんとそれは。

 

不滅のあなたへ 60話

 

フシとの子供を産むこと!!

 

た、確かにハヤセは一度フシの寝込みを襲いかけたことがありましたが…。

孫の代にまで受け継がれているとはね(笑)

 

さて、その願いにフシはどう返すのでしょうか?

 

子作りしましょ!

 

『フシとの間に子供が欲しい!』

というのがヒサメの最後の願いだと知った…いや知ってしまったフシ。

 

そしてフシも、

それが達成できてもう放っておいてくれるならやる。

って、答えるじゃないですか!

 

こりゃ読んでる自分もページをめくる手が進みますよね!!

 

…しかしどうやらフシは「子供の作り方」を知らない模様。

ヒサメの知識では。

・一緒に寝ればいい

・欲しいと思わないと出来ない

ということだけ…。

 

それに母(ハヤセの娘)にはヒサメにはまだ早いと言われたとも。

まぁ…9歳はね…早いよね。

 

しかしヒサメは、頑張ります!

とやる気満々!!

 

そして2人は………。

 

不滅のあなたへ 60話

 

一緒に寝た。

け・ど・も!!

 

寝てるよ…一緒に寝てる。

何も言葉に間違いは無いよね。

 

はぁ~…純粋って、尊い。

 

フシの身体のヒミツ…

フシは眠っているヒサメに睡眠薬のようなものを盛り、そのままヒサメの仲間に引き渡すことにしました。

引き渡したのはいいものの、仲間達のヒサメに対する扱いに少し納得のいかないフシ。

 

・フシから剥がし取るように奪う。

・今死なれちゃ困ると言う。

・フシの左腕に対する忠告をガン無視。

 

フシ、イラっときちゃいました。

 

目の前で変身してみせて相手を脅しておきました。

フシって…結構いい奴なんだよね。ウン。

 

そして最後の最後、フシの横にいつもいる黒い存在が

次はフシとヒサメの子供が来るかも。

なんて言いますがそれに対しフシは、寝て無いから来ない。と言います。

 

…うん、あれだね。睡眠を取って無いって意味で『寝て無い』を言ってるんだろうけどね…。睡眠とっても、出来ないよ。誰か教えてあげて?(._.)

 

そんなフシに黒い存在から衝撃的なひと言。

 

不滅のあなたへ 60話

 

そうなんだ!?

この事実には結構驚きました(笑)

 

ってことは一番初めの少年の遺伝子ってことになるのか?それともフシ特有の遺伝子?ってか最初球だったのにそもそも遺伝子とかってあるの?

さらに言うとじゃあ女性に変身した場合は………。

 

まぁ…深く考えないでおこう。

 

次回、フシは仲間を求めて久々の街へと繰り出します!

 

60話のまとめ

ハヤセの意志を受け継ぐ孫のヒサメは使命感に燃え、一心にフシを思う健気な少女でした。

しかしやっぱりまだ9歳の少女。

意気込みだけはいっちょ前でしたが、まだ小さいが故に知識も経験も足らず勘違いをしたままの離脱となりました。

しかしノッカーと人の共存という形が可能だと分かってしまった今回。

フシとノッカーとのこれからの関係の変化が気になるところです。

【不滅のあなたへ】61話ネタバレ!継承されすぎ!!フシと街と守護団と…。

2018.03.31
スポンサーリンク

マンガの最新刊、最新話を無料で読む方法


U-NEXTという動画配信サービスを利用することで

マンガの最新刊、最新話をお得に読むことができます。


U-NEXTとは、日本最大級の動画配信サービスなのですが電子書籍・雑誌のサービスも充実しています。


月額2480円(税別)の費用がかかるのですが、以下のコンテンツを利用することができます。

  • 映画見放題
  • ドラマ見放題
  • アニメ見放題
  • 雑誌読み放題
  • 無料マンガ読み放題
  • 成人向けコンテンツ
ちょっと費用が高いかな…

と思うかもしれませんが

毎月1200円分のポイントが還元されますので

実質1280円でこれらのコンテンツを全て利用することができます。

 
 
そして、ここからが重要なお話!

今なら31日間の無料トライアルを利用することができます。


つまり、無料ですべてのコンテンツを利用することができるのです!

映画、ドラマ、アニメ、雑誌

全て見放題です。


更に、更に

無料トライアルに申し込むことで

700円分のポイントがもらえるのです。

このポイントを利用することで無料で漫画が読めちゃうのです。


無料登録なのに、ポイントが貰えちゃうなんて太っ腹すぎです。
>>>31日間の無料トライアルはこちら

ポイントを使って無料でマンガが読める

無料トライアルに申し込むことで700円分のポイントがもらえます。

このポイントを利用して、マンガを無料で読むことができます。


1冊400ポイントくらい利用することで読むことができます。

無料トライアルでもらえるポイントを利用すれば1冊分無料で読めることになりますね。

また、連載作品の最新話を読みたい場合には


1冊250ポイントを利用することで週刊少年マガジン、サンデーなどを読むことができます。

無料トライアルでもらえるポイントを利用すれば2週分の最新話を購入することができますね。



マガジンでは
『化物語』
『ドメスティックな彼女』
『東京卍リベンジャーズ』
『ダイヤのエース』
『炎炎ノ消防隊』
『不滅のあなたへ』
『ランウェイで笑って』
『DAYS』

などなど、マガジンの人気作品の最新話を無料で読めるのでとってもお得です^^


もちろん、無料トライアル期間に解約してしまえば
その後、費用はかかることはありません。


無料トライアルに申し込み、700円分のポイントをもらい
ポイントを利用して、マンガを無料で読む
残りの無料期間中は、映画やドラマ、アニメなどのコンテンツを楽しむ。
無料期間が終わるタイミングで解約する。

そうすれば、1円も費用をかけずに様々なコンテンツを楽しむことができます。


まぁ、私の場合はいろんなコンテンツを楽しんでるうちに有料でも十分に元が取れるなって思ったので、有料期間になっても継続して利用しちゃっていますw
>>>31日間の無料トライアルはこちら

男性には嬉しいコンテンツ

そして、あまり大きな声では言えないのですが…

コッソリと…ね


アダルトコンテンツが充実しすぎぃぃぃぃ!!!


思わず大声になっちゃいまいしたがw

男性の方には嬉しいコンテンツが非常に充実しています。


映画や漫画を目的に契約したのに

気がついたら、吸い寄せられていた…
という声もたくさんあるようですw


禁断の扉、♡コンテンツです。

まとめ

U-NEXTの無料トライアルを利用することで、お得にマンガを読むことができます。


700円分の漫画が無料で読めて
映画、ドラマ、アニメ、雑誌まで読み放題!

無料期間中に解約してしまえば、1円も費用はかかりません。

まずは、お試しください!
本当におススメですよ^^
>>>31日間の無料トライアルはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です