【炎炎ノ消防隊】133話ネタバレ感想!死神のおじさんとナタク、灰島の闇を垣間見る

炎炎ノ消防隊133話のネタバレ感想です。

 

リヒトからの衝撃?告白により

灰島の情勢がうっすらと分かってきました。

 

とにかく

灰島はアドラバーストを持つ人間を探すために必死である。

 

 

アドラバーストを見つけ出すためには犠牲も問わない。

灰島の施設では、そんな滅茶苦茶な研究が続けられているようでうす。

 

 

そして、今回もまた

〈炎炎ノ消防隊132話より〉

新たな実験が始まろうとしていました。

スポンサーリンク

灰島の実験

烈火が見つけ出した適正者ナタクくん

 

死神のおじさんと呼ばれる

目つきの悪い男とともに実験を開始します。

〈炎炎ノ消防隊133話より〉

 

実験とは何なのか?

 

簡単に言えば、ただの戦闘です。

死神のおじさんがナタクくんを

ボッコボコに痛めつけていくのです。

 

 

そうやって、戦闘訓練で追い込むことにより

アドラバーストの力に目覚めるかもしれない。

そう考えている灰島研究員たちは

実験と称して

適性のある子供たちをボッコボコに痛めつけていくのです。

 

 

かなり、ヤバめな施設ですね(^^;

 

 

 

 

そろそろ実力を見せてくれないと死体になっちゃうかもしれない…

このように脅されたナタクくんは精神的に追い込まれていきます。

そして、ある幻聴が聞こえてきます。

〈炎炎ノ消防隊133話より〉

それは、烈火の激アツ熱血的な言葉でした。

どうやらナタクくんは烈火によって引き起こされた事件のトラウマにより、精神状態が追い込まれると幻聴が聞こえてくるようです。

 

 

その言葉に感化されたナタクくんは

死神のおじさんに食ってかかります。

 

〈炎炎ノ消防隊133話より〉

 

しかし、力の差は歴然。

ボッコボコにやられます。

 

 

精神状態も体も

次第にボロボロになっていくナタクくんでしたが

アドラバーストは感知されません。

 

ここまでやってもダメならば

彼はアドラバーストの力を持ち得ていないのかもしれません。

 

しかし、そんな状況下でも

誰も実験を止める者はいませんでした。

 

 

 

そんな実験を見つめながら

ある研究者は言います。

続行だ…

壊れたらそれまでだよ…

もったいないけどね

〈炎炎ノ消防隊133話より引用〉

 

恐ろしいセリフを吐き捨てますね…

子供を実験の道具としか見ていないようです。

スポンサーリンク

死神のおじさん

ナタクくんの実験相手をしている

死神のおじさん

 

彼は、向かってくるナタクくんを容赦なく殴り飛ばします。

そこには何のためらいも感じられず

むしろ楽しんでいる様子です。

 

 

彼は一体、何者なのか…

 

 

実験様子を見ながら

ある研究員が言います。

〈炎炎ノ消防隊133話より〉

 

この男は、かなりの実力者である。

しかし、子供をいたぶることを希望し

彼は実戦部隊には所属せず、実験施設に残っているのだとか。

 

力で言えば

第7の大隊長に匹敵するレベルの強さを持っているそうです。

 

えーっと…

第7の大隊長といえば…

〈炎炎ノ消防隊より〉

え、紅丸じゃん!!

みんなが恐れる最強さん!!

 

 

この男は、そんな最強男に匹敵するレベルの強さを持っていながら

その力を、子供をいためつけるために使っているのか…

 

闇が深い…

 

更に、彼は右手が灰病により炭化してしまっているのも特徴です。

なぜ炭化してしまったのか

灰病の影響は今でもあるのか

その辺りについては、今後明らかになっていくことでしょう。

 

 

〈炎炎ノ消防隊133話より〉

彼自身もこのように言っています。

弱い者いじめが好き

 

 

んー

闇が深い!!

シンラと死神おじさん

この死神おじさん

本名は「黒野」というようです。

 

 

そして、意外なことに

この黒野とシンラには繋がりがありました。

 

 

黒野は研究員から

近々、シンラが灰島へやって来るということを聞きます。

やって来るというか

社長令により、リヒトが連れてくるということになっているはずです。

 

 

それを聞いた黒野は言います。

シンラを実験するときには

もちろん相手は俺だよな…?

〈炎炎ノ消防隊133話より〉

シンラのことを弱いと言う黒野

どうやら、シンラのことを知っているようです。

 

 

 

一方

シンラは、リヒトに連れられ灰島へと向かっていました。

その道中

シンラは灰島の施設にいたときのことを思い出します。

 

その施設には、当時

灰病の治療に来ていた男がいて

そいつの邪悪さは今でも覚えている。

とのこと。

 

 

 

もちろん、そうですね。

そのときにいた灰病治療をしていた男

〈炎炎ノ消防隊133話より〉

それが黒野でした。

 

目つきがコワすぎるw

133話のまとめ&感想!

新たなキャラ、黒野が登場しました。

彼は紅丸と同じくらいの力を持っていながら

弱い者いじめをするため

実験施設に残り、子どもを痛めつけて楽しんでいるようです。

 

 

彼は一体、どんな闇を抱えているのでしょうか。

 

そして、シンラとの過去にどんな出来事があったのか。

 

さぁ、灰島への潜入捜査が始まろうとしています!

【炎炎ノ消防隊】134話ネタバレ感想!シンラと黒野が対峙!まさかの一瞬で決着!?

2018.07.08
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。