【炎炎ノ消防隊】126話ネタバレ感想!ジョーカーの過去が明かされる。その過去は壮絶…!?

炎炎ノ消防隊126話のネタバレ感想です。

 

聖陽教の教皇庁に乗り込んだジョーカーと紅丸

 

そこで二人の目の前に現れたのは

聖陽の影と称される暗部集団

〈炎炎ノ消防隊125話より〉

み、見るからに怪しい…

というか、悪いことしてそうな奴ら(^^;

 

126話では

ジョーカーと暗部集団との関係性

そして、謎に包まれてきたジョーカーの過去についても明らかになっていきます。

スポンサーリンク

聖陽教会の暗部とは

聖陽教会の暗部とは

聖陽教の隠密暗殺部隊のことだそうです。

 

暗殺部隊…

聖陽教会にとって都合が悪いことは

暗部が裏で動き、もみ消しているということなのでしょうか。

 

 

 

ジョーカーと紅丸の前に現れた暗部たち

バチバチとお互いにけん制しあう中

ジョーカーは言います。

〈炎炎ノ消防隊126話より〉

 

 

52(ファイブツー)

その言葉を聞いて、暗部達は何かを察したようです。

52の過去

ここから52という少年の過去に場面は切り替わります。

 

まだ幼い、小学生くらいでしょうか

52と呼ばれる少年の姿が戦闘訓練を受けています。

 

52には戦闘の才能があるようで

幼いながらも、年上相手を圧倒します。

 

そんな52の様子を見た、隊長と呼ばれる男は…

〈炎炎ノ消防隊126話より〉

52をボコボコにします。

 

お前は特別ではない

神に拾われた太陽の孤児だ

〈炎炎ノ消防隊126話より〉

 

洗脳するように

52の人格を否定するような言葉を投げつけます。

「お前はクズだ」

そして、ひたすら殴る。

 

52という少年には個の自由はありませんでした。

 

 

その後も、52の行動が気に入らないのか

隊長と呼ばれる男は、ことあるごとに否定的な言葉を投げつけ、殴ります。

 

 

そして、彼はこんな発言をします。

〈炎炎ノ消防隊126話より〉

 

これが暗部の正体なのでしょう。

そして、52という少年が所属しているのは

聖陽教の暗部集団だったのですね。

 

52の選んだ道

52は逃げることを選びました。

〈炎炎ノ消防隊126話より〉

 

大人になった52は、暗部集団から逃げるタイミングを計っていました。

太陽は誰にでも光を与えてくれる。

それならば、オレにも光を与えてくれよ!

 

自由という光を求め

52は逃げ出しました。

 

 

逃走中に、52は人の優しさに触れます。

〈炎炎ノ消防隊126話より〉

空腹で困っていたところを優しい家族に助けられます。

 

 

しかし…

そんな優しい家族たちは

暗部に虐殺されてしまいます。

〈炎炎ノ消防隊126話より〉

 

〈炎炎ノ消防隊126話より〉

 

暗部を逃げ出そうと

自分には光などない…ということを悟ったのでした。

 

 

 

この世界はクソだ

だからこそ

世界の真実が知りたい

 

 

それが52の下した結論でした。

〈炎炎ノ消防隊126話より〉

まとめ

途中からお察しだったとは思いますが

52というのは、ジョーカーが暗部に所属していたときの呼び名です。

 

ジョーカーは聖陽教会の暗部に所属し

そこを逃げ出した人物だったのですね。

 

 

ちなみに

52は、鬼の焔ビトが出現した任務での混乱に乗じて逃げ出すことに成功しました。

その鬼の焔ビトというのは…

シンラの母親のことでした。

〈炎炎ノ消防隊126話より〉

シンラの家族がバラバラになった事件の裏側には聖陽教会の暗部も関与していたことが発覚しました。

 

 

おいおい、マジかよ…

シンラはこの事実を知ったらどうなるんだ。

聖陽教会が絡んでいるということは

バーン隊長はどこまで関与しているんだろう。

 

誰が味方で敵なのか…

いろいろと複雑に入り組んできましたね。

 

 

まぁ、とにかく今はジョーカーと暗部が対面しています。

次号では、ジョーカーと暗部たちのバトルが開始しそうです。

バチバチの白熱バトル展開を期待ですね(^^)

【炎炎ノ消防隊】127話ネタバレ感想!紅丸&ジョーカーいざ開戦!暗部の武器がカッコいい

2018.05.18
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。