【ドメスティックな彼女】ねね助こと葛岡寧々さんのスケベ度がハンパない!

ドメスティックな彼女に登場する

〈ドメスティックな彼女より〉

“葛岡寧々”さん

そのキャラクター性から

読者様には強烈な印象を与えています。

 

特に、童〇男性にとっては

魅力的な女性キャラクターの一人でございます。

 

それは、なぜかというと…

ねねさんはドスケベだからだ!

 

強烈なインパクトを残し続ける葛岡ねねさんのエピソードについてまとめておきましょう。

スポンサーリンク

チェリー狩り!

まず、葛岡さんが

ものすごいインパクトを残したのが

16巻に収録されている第152話

「君の童〇を食べたい」

というエピソードではないでしょうか。

 

 

タイトルからして強烈ですが…

どういったお話だったかというと

 

 

ナツオが所属する演劇サークルが

合宿をやっている最中

事件が起きました。

 

男子トイレで倒れている男性が…

〈ドメスティックな彼女より〉

そこから次々にチェリー男子たちが襲われ

チェリーを卒業していく、という事件が起こります。

 

襲われた男子たちは、みな口をつぐむ中

一体、だれがこんなことを…

サークル内には痴女が存在するのか!?

 

ということで、男子たちは騒然

犯人を許すことはできんぞ!

というか、自分も恩恵に預かりたい…

 

ということで犯人探しが行われるわけです。

 

 

そんな中

次なるターゲットになったのはナツオでした。

ナツオの前に現る謎の影…

 

押し倒され、襲われそうになるナツオ

そして、明らかになった痴女の姿とは…

〈ドメスティックな彼女より〉

葛岡寧々さんでした。

 

裸になり

ナツオに迫るねねさん

ルイという彼女がいるナツオは必死に抵抗しますが

ねねさんは、男を襲い続ける理由について持論を展開します。

一つになる感じとか

求められる感覚がたまんない

変?女の子がこういうことが好きだと

〈ドメスティックな彼女より引用〉

〈ドメスティックな彼女より〉

 

ナツオは、なんとかその場を逃げ出すことに成功しましたが…

葛岡ねねさんの初登場は

こうして強烈なインパクトを残していきました。

〈ドメスティックな彼女より〉

 

 

えーっと

大学のサークル合宿に参加すれば

こんな素敵な事件に巡り合うことができるのでしょうか。

チェリー男子に夢を与える回でしたねw

 

そして、葛岡寧々さんはドスケベだ!

という強い印象を読者に与えることとなりました。

スポンサーリンク

ねね助さんの過去

葛岡さんのドスケベについては

同性の友達も知るところのようで

「スケベな寧々」ということで

まわりからは「ねね助」と呼ばれていました。

 

 

そんなねね助さんが再度、注目を集めるエピソードがありました。

それは第193話「恋のレッスン」です。

【ドメスティックな彼女】193話ネタバレ感想!ねね先生、恋のレッスンは刺激的!?

2018.07.04

こちらの記事でも詳しく書いています。

 

芹沢さんが、ナツオを落とすために

葛岡さんにアドバイスを求めた際

彼女の過去について語られることになりました。

 

 

 

ねねさんは、なにも初めからスケベで

男を手玉に取っていた訳ではありませんでした。

きっかけとなったのは、幼馴染のダイスケくん

〈ドメスティックな彼女より〉

彼を振り向かせるため

彼の求めるモノを追求する

〈ドメスティックな彼女より〉

必死に、学びます。

 

その結果

見事、彼の心を手に入れることに成功しました。

 

 

 

このことから

ねねさんは学びました。

相手の心を奪うためには

相手の欲しいものを

欲しいタイミングで提示することだと。

 

こうして、男を手玉にとる方法を身につけたねねさん

今のドスケベねね助へと変貌していったわけですね。

 

このとき、ねねさんは

男を落とすためのテクニックを

惜しげもなく披露してくれているので

193話「恋のレッスン」は必見です!

2018年7月時点ではコミックスで発売はされていませんが

週刊マガジンの31号に収録されています。

【ドメスティックな彼女】193話ネタバレ感想!ねね先生、恋のレッスンは刺激的!?

2018.07.04

 

まとめ

葛岡寧々さんの登場回数は

そんなに多くないのですが

毎回、強烈なインパクトを残していきます。

 

そして

こんな痴女が存在するのか!?

というチェリー男子に夢を与えてくれるような

ステキなキャラクターであることは間違いありませんねw

 

えーっと…

ほんとに存在すんのかな!?

 

>>>他のドメカノ記事はこちら(/・ω・)/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です