【ドメスティックな彼女】樺沢さん(フーミン)とバルスの初キスに隠された高度なテクニックとは!?

ドメスティックな彼女179話は既にご覧になられましたか?

もうね

胸がキュンキュンですよw

 

バルスに対して

ずーーーーーっと恋心を抱き続けてきた

樺沢さんですが

ついに、ついに…!

 

樺沢さんの想いが成就します。

そのシーンが圧巻だったのでご紹介したいと思います。

 

そして、そのシーンを見たときに胸キュンしたとともに

ある疑問が浮かび上がってきたので、その点についても検証していきます。

樺沢さん…テクニックありすぎじゃね!?( ゚Д゚)

スポンサーリンク

想いを伝えるフーミン

〈ドメスティックな彼女179話より〉

超鈍感なバルスでも

今までのフーミンの行動を思い返すと

自分に好意があるのでは…?

ということに気付き始めていました。

 

しかし、そうやって考えれば考えるほど

モヤモヤしてしまって、何も行動できなくなる

ハッキリさせてくれないと…

 

恥ずかしさもあるのか、まくし立てるように言葉を並べるバルス

 

 

そんなバルスに対して、フーミンの答えは…

〈ドメスティックな彼女179話より〉

突然のキス!

 

うだうだと言葉を続けるバルスに対して

口を封じてしまいましたww

 

そして

〈ドメスティックな彼女179話より〉

愛の告白!

 

やっと想いを伝えることができました。

そして、ようやく想いが伝わりました。

 

突然のキスからの

私くらいしか好きにならないんだから

 

こりゃ、落ちますってw

当然、バルスも落ちちゃいました。

 

 

 

しかし!

ここである疑問が浮上

(個人的なアホな疑問ですがw)

 

二人ともメガネをしています。

メガネ同士のキスって

難易度高いんじゃね??

って思ったわけですw

 

となると

不意打ちのキスをスマートにこなしてしまったフーミン

もしかすると

キスのテクニック高いのかも!?

スポンサーリンク

いざ、検証!

さぁ、検証していきましょう。

素人考えでは、メガネ同士がキスをすると

ガチャガチャぶつかってしまって

雰囲気が台無しになってしまうのではないかと思ってしまいます。

 

さて

二人のキスシーンでは、メガネはどうなっているのでしょうか。

〈ドメスティックな彼女179話より〉

うぉぉぉぉぉ!!!

全くぶつかっていません!

フーミンの絶妙なポジション取りw

 

メガネがずれてしまっている様子もありません。

めちゃくちゃスマートです。

 

 

つまり、隣に座っている状態から

バルスに気付かれることなく

メガネを障害とせずに

最短距離でキスまで持っていったということになりますね。

 

 

これって、相当難しいことのように思えるのですが

どうなんでしょうかね?

 

フーミンは相当な

キステクニックの持ち主なのかもしれませんw

さぁ、考察!

それでは、考察していきましょう。

フーミンはなぜ

このようなスマートなキスをすることができたのか?

実は経験豊富!?

実はキスの経験が豊富だったのでは!?

だから、メガネを苦とせずスマートにキスをすることができた。

 

中学時代から、バルスに想いを寄せていたフーミンですから

もしもキスの経験があるとすれば、それ以前ということになります。

中学初期の頃、もしくは小学生の頃…

 

そう考えると可能性は低そうですねw

練習していた!?

バルスに想いを寄せていたフーミンは

常にバルスを相手にしたキスのシミュレーションをしていたのかもしれません。

 

 

二人ともメガネですから

シミュレーションの中でもメガネを意識した動きを想定していたはずです。

そういった日頃の練習の成果もあって

今回のような不意打ちであっても

スマートにキスをこなすことができたのかもしれませんね。

 

 

うん、これが一番しっくりきましたw

フーミンは、バルスが好きすぎて

キスの練習をしていた!

 

これを私の結論としますw

まとめ

フーミンとバルス

ようやく二人の想いが結ばれました。

 

しかし、二人はすぐに付き合うということにはなりませんでした。

バルスは執筆活動に集中するため、大きめの文芸賞を取るまでは、お互いに我慢するということになっちゃいました。

 

それでも、二人とも想いは繋がっています。

バルスには、早く結果を出して

フーミンとたくさんデートして欲しいですね(^^)

 

今回は、私の勝手な妄想記事にお付き合いいただきありがとうございましたw

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。