【ドメスティックな彼女】208話の展開予想!ルイとナツオは破局へ!?波乱の幕開けか…

ドメスティックな彼女208話の展開予想です!

 

読者様から今後の展開について考察を頂きましたので

208話の展開予想!

ということで、ご紹介させていただきます。

 

なるほどなぁ…

と思わされるコメントが多く

みなさん素晴らしい目をお持ちのようです。

【ドメスティックな彼女】208話ネタバレ感想!狂い始めたナツオの日常、そして突然の告白に…!?

2018.11.07

同居人がかき回す!?

読者様

今回は梶田よりも、ルイの同居人の方が厄介な気がする。

梶田自身はそんなつもりはないけど、同居人の黒人女が色々引っ掻き回してきそうな気がする…

下手すりゃ、カップを修理してる写真とって夏生に送りつけてそう。

207話にて、梶田の意味深な発言がありましたが

梶田の人間的な特徴を見ていると

あの発言に、何か特別な感情が含まれているとは考えにくいです。

 

しかし

その発言を周りがどう受け止めるのかという点は

すっごく重要になってきます。

特に!

梶田のことを深く理解していないルイの同居人、そしてその彼氏。

彼らは、梶田の発言を聞き

ルイに好意を持ったナツオの恋敵出現だ!

と思うに違いありません。

 

 

こういった状況を楽しむ?

というと表現がおかしいかもしれませんが

ナツオに忠告をする意味も込めて

彼らによって、この事実がねじ曲がった形でナツオに伝わってしまう可能性は十分にありそうです。

 

そして、そのようなことが起こってしまうと…

ナツオは身を引いてしまいそうな…

うわーーーそんなの嫌じゃww

 

芹沢雅のその後

読者様

雅はサークルと劇団を辞めると連絡し、その後音信普通?

おそらく草薙の別荘にいる?

ナツオが説得?に行くが、雅の熱意で一度だけと関係を持つ。

 

ナツオに突然のキス

そして、感情がぐちゃぐちゃになってしまい

その場から走って逃げだしてしまった芹沢さん。

 

このまま

何食わぬ顔で戻ってくるとは考えにくいですよね。

そうなると、この読者さまが仰るような展開が十分にあり得そうです。

 

こういうときに、芹沢さんが頼りにできる人物…

それはやっぱり草薙さんでしょうね。

 

最近では、草薙さんが無言で雅を見つめるシーンもあったので

そういったことから二人の絡みは発生してきそうです。

 

 

もしも…

ナツオが芹沢さんと関係を持つようなことが起これば…

ルイとの破局は免れないでしょう。

どうなってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

梶田の怪我!?

読者様

瑠衣は職場の同僚に襲われ、梶田に助けられるものの梶田負傷。

瑠衣は梶田の看護で更に意識する。

同僚に襲われる!?

なんだ、その急展開は!!

 

と、驚く方もおられるかもしれませんが

実は、これを考えている読者さんは多いような気がします。

 

207話の中で

ルイと梶田が皆から称賛を受けている中

〈ドメスティックな彼女より〉

それを良く思っていないのか

明らかに敵意むき出しの人物がいました。

 

まぁ、厳しい世界ですからね

誰かの成功

それは、つまり

自分のチャンスが減ったということ。

 

ライバルたちの成功は

彼らにとっては、都合が悪いこと

というのは事実でしょう。

 

そんな彼らが今後

ルイと梶田に対して嫌がらせなどをしてくる可能性がありますね。

梶田はぶっきらぼうですから

そういった人物との衝突も避けられそうにないですね(^^;

 

すれ違う二人

読者様

瑠衣とナツオがそれぞれ梶田の事、雅の事もあり更にギクシャクしだす。

ナツオが関係再構築のためサプライズでNYに行く。(印税旅行)
(もしかすると陽菜も通訳で同行する??)

※次週の休載は作者NY取材か??

 

梶田が瑠衣に愛を告白し瑠衣が受け入れる。

その場面をナツオが偶然見てしまうが、雅の事があり何も言えず傷心帰国。

瑠衣とナツオが別れる。

 

うぉーーーー!!

めっちゃくちゃありそうな展開だ。

ここまで考察できるなんて素晴らしいっすね

NYへの取材ってのもメチャクチャありそうだw

 

更に、この続きの考察もいただいております。

読者様

ナツオは瑠衣との別れや、雅の思いに気づかない自分の不甲斐無さ等、悪条件が重なり、作家としての自信を喪失。

完全に筆が止まり心身ボロボロの荒んだ生活を送る。

陽菜がナツオの荒んだ状況から立ち直らせようと頑張り始める。

ナツオの状況を蔦谷から聞いた桃源先生が自身の息子(生きていればナツオと同世代)や家族の話をし、ナツオ立ち直りの一助となる。

ナツオ筆を執り、瑠衣への思いを込めた新作に苦しみながらもとりかかる。

小説完成し高評価を得る。

芥川賞等の文学賞エントリー

授賞式前日に陽菜への思いを語り再び結ばれる。

授賞式当日陽菜は脚光を浴びるナツオのため、身を引き再び行方をくらます。

ナツオは陽菜不明にショックを受けるが、前回と違い陽菜の気持ちがわかるため探す。

後日、陽菜を伊豆大島または湘南付近海岸で見つけてプロポーズ。

その後、ナツオの新作は自身の脚本で演劇化や映像化され、出演した雅や樹里が脚光を浴びる。

 

んー

この方には、ドメカノ結末までの道筋がしっかりと見えているようです。

たしかに、この考察からは

しっかりとした絵と光景が浮かんできて

すごくリアリティがあります。

 

 

ヒナエンドへ突き進むとすれば

これが一番しっくりくるような展開な気がしますね。

ルイエンドを望む読者様は

この考察をどのようにひっくり返すか!

結構、難しいですがルイエンドへの可能性も考えながら

作品を楽しんでいきたいですね(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です