【アクタージュ】30話ネタバレ感想!役作りに苦戦する夜凪!選んだ苦肉の策とは・・・?

アクタージュ30話のネタバレ感想です

 

感情表現の課題クリアのために

アキラの行動からヒントを得た夜凪

自分に欠けていたものは

 

 

それを証明するため井の頭公園で

迷子の子相手に実践します

 

そして稽古場で披露

見事に感情表現の課題をクリア

 

台本に入ることを許されますが

 

ストーカー阿良也爆誕

 

違う問題が発生してしまいますw

 

70話では読み合わせが始まります

役作りに苦戦する夜凪

阿良也といえど役作りは大変な作業

解決の糸口は・・・?

スポンサーリンク

ハイレベルな読み合わせ

舞台の稽古が進み

読み合わせに入ります

 

読み合わせとは

台詞のみのやり取りで

芝居の感覚を掴む試みです

 

読み合わせは順調に進んでいるように見えます

 

しかし夜凪の演技の場面で止められます

その沈黙はどういう意味の沈黙だ?

その沈黙はカムパネルラではなく

お前自身の沈黙じゃないのか?

お前本当に台本読んだのか

<アクタージュ30話より引用>

当然、夜凪は読んでいますが

朝まで何度も読んでも解決しない問題がありました

 

カムパネルラは皆から憧れられる存在

夜凪にとっては千世子です

 

亀太郎から分かってるなら演じろよと言われますが

 

言葉では分かってても

あんなに綺麗な人にどうなればいいか

カムパネルラを演じられる気がしない

そう夜凪は言います

 

巌相手にその手の弱音はマズい

そう思う亀太郎ですが

 

この瞬間の阿良也は

また新たな驚きを夜凪に感じています

<アクタージュ30話より>

 

そして巌からは

それでいい、合格だ

そう言われます

 

結局のところ、突き詰めると

阿良也も巌もよく分かっていないということ

 

阿良也曰く

理解の及ばない存在を演じる

それが芝居の醍醐味でしょ?

醍醐味なんだよ

台本渡してたった数日で

役を掴んだ気になっていた方が不安だ

<アクタージュ30話より引用>

巌曰く

この世に理解の及ばねぇ人間なんて

存在しない

そして理解できるのなら

必ず演じられる

必ずだ

<アクタージュ30話より引用>

阿良也は読み合わせしてる場合じゃないとも言います

すぐにでも役作りに入りたいのでしょう

苦肉の策

稽古場の隅で悩む夜凪

感情表現の次は

役作りで悩むことに

<アクタージュ30話より>

 

夜凪が役作りで自分たち以上に

きつい理由が分かると言う七生

 

夜凪はカムパネルラではなく

ジョバンニっぽい

 

自分とはかけ離れてる役だからこそ

理解が及ばないのでしょう

 

悩む夜凪

 

しかしここで思いつきます

 

もう1人の主演に聞くことを・・・

 

阿良也のことを苦手

というよりは嫌いな夜凪

<アクタージュ30話より>

 

背に腹は代えられないと

阿良也の元へ向かうのでした

 

スポンサーリンク

やっぱりストーカー阿良也?

そのころ阿良也は

自分の役作りに励んでいました

 

役作りとは生まれ変わること

 

人の道を外れる覚悟

 

阿良也は特に極端で

マタギの役作りのために

熊を殺しに行くほどですからね

 

演じるために”何”を喰らうか

 

ジョバンニになるために何を喰らうか

 

行き着いた答えは

<アクタージュ30話より>

 

「夜凪を喰らえばいいのか」でした

30話まとめ&感想!

夜凪逃げてえええええ

 

ストーカー阿良也再び

 

いやどうなるかはわかりませんが

役作りのためにお互いの

需要と供給が合ってしまいましたねw

 

夜凪はこんな状況で

カムパネルラを掴むことができるのでしょうか!?

 

【アクタージュ】31話ネタバレ感想!阿良也の役作りとは!?そして意外な人の突然の訪問!

2018.09.04

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です