【ダイヤのA】130話ネタバレ感想!御幸への稲実の罠!西邦戦の行方は!?

ピンチをストレートで押し切った

青道バッテリー

 

制球も乱れ、抜けた球も多く

この回で交代を告げられます

 

しかし沢村は最後まで行かせてほしいと直談判

 

1人でも塁に出したら交代という

条件付きで続投を勝ち取ります

 

7回裏の青道の攻撃から

ベンチが動きます

 

代打・倉持

<ダイヤのA 129話より>

 

得点をあげることができるのか!?

 

一方、東京選抜とアメリカ代表の試合が終わり

国友監督の言葉で締め

これからの夏へと動き出すのでした

 

130話では西邦高校との試合も終わり

御幸もチームと合流

第1試合の山守学院

第2試合の西邦高校

両校の試合の反省会が行われます

スポンサーリンク

仕掛けられた罠

アメリカ代表との試合も終わり

稲実との面々と帰路を共にする御幸

 

そこで鳴に忠告をします

 

チェンジアップを投げるときに

グローブが高くなる癖があると

 

それに対して鳴は

こっちとしては持ち帰ってもらいたかったんだけどね

お土産として・・・

<ダイヤのA 130話より引用>

 

そう、稲実は同地区のライバルである

青道のキャプテンにチェンジアップを

見せる代償として嘘の情報を

持って帰ってもらいたかったわけです

 

元々バッテリーを組む予定はありませんでした。

しかし何かあったときのために

用意していた策だったようでしたが

御幸がそれを伝えてしまったために

ご破算になってしまいましたね

 

しかし駆け引きはもう始まっているということ

<ダイヤのA 130話より>

 

勝つためにどちらも譲れない戦い

 

電車を降りた美幸は

誤情報を持ち帰らずに済んで

安堵していますw

<ダイヤのA 130話より>

 

西邦戦の結果

7回裏の代打攻勢で1点を追加した青道

 

8回表にはそのまま沢村が立ちますが

明石に粘られた末、センター前に運ばれ交代

 

<ダイヤのA 130話より>

 

かなりマウンドでゴネたようですw

後輩たちに失笑されてるところが沢村らしいですね

 

後を継いだのは川上と由井のバッテリー

1点を失うものの3対2で逃げ切り

西邦高校を撃破します

 

山守学院が2勝

青道高校が1勝1敗

西邦高校が2敗

 

結果はこうなりましたが

3校とも得るものは大きかったようです

 

スポンサーリンク

反省会

御幸がチームに合流し

まず小野のケガのことが伝えられます

 

そこから食事の後に美幸を交え

スコアブックを見ながら試合を振り返ります

 

特に第1試合の山守学院戦は負けたこともあって

反省点は多いようです

 

特に降谷は小野が離脱した後

自分のピッチングで

チームに勢いを取り戻すことも

後輩を支えることもできなかったと

責任を感じています

 

倉持・前園の副キャプテン2人は

打線で援護できなかった自分たちにも

責任はある、チームで負けたんだと

 

これは降谷への慰めと共に

自分たちへの戒めの意味もあるでしょうね

 

そして第2試合の西邦戦

反省というより沢村のピッチングを

褒める意見が多く出てました

<ダイヤのA 130話より>

 

その肝心の沢村は疲れたからと

先に休んでしまったようです

 

勝ちながらも自分のピッチングに

納得できない点も多かったようで

8回の交代の時にゴネたのも

そういう気持ちでマウンドを

降りたくなかったのでしょう

 

バッテリーを組んだ奥村には

前園からよくやってたと褒められますが

 

自分も8回で代えられたことは

納得できてません

<ダイヤのA 130話より引用>

と、この調子で不満を隠そうともしない

なんとも肝の据わった1年生ですw

 

130話のまとめ&感想!

危うく罠にかけられるところでしたが

東京選抜から帰ってきた美幸が合流し

いつもの青道高校に戻ります

 

山守学院・西邦高校との試合を振り返り

各々が夏へ向けての課題を見出したことでしょう

 

レギュラーも争いもこれから熾烈になっていく中

エースナンバーは誰の手になるのでしょうね!

【ダイヤのA】131話ネタバレ感想!力不足を痛感する1年生・・・更なる成長へ決意新たに!

2018.07.18
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です