【ダイヤのA】129話ネタバレ感想!佳境に入る西邦戦!東京選抜は全行程終了!

ダイヤのA 129話のネタバレ感想です。

 

ワンアウト、ランナー一塁三塁のピンチで

開き直る青道バッテリー

 

ナンバーズを封印、ストレートで真っ向勝負

 

バッターをセカンドフライに仕留めます

 

闘志あふれるピッチングで続くバッターも

ストレートとチェンジアップで追い込みます

 

この時ベンチで悔しがる倉持と春市

沢村が踏ん張っている今

なぜ自分はグラウンドに立っていないのかと・・・

 

そしてすべての想いを込めた

沢村のストレートで空振り三振

<ダイヤのA 128話より>

 

最高のストレートでここを抑えます!

 

129話では熱戦を繰り広げる

青道高校VS西邦高校

 

その裏で行われていた

東京選抜VSアメリカ代表の

試合結果も出ていました

 

果たしてアメリカに東京選抜は

勝てたのか?

スポンサーリンク

東京選抜VSアメリカ代表

青道高校と西邦高校が戦っている裏では

御幸が選ばれている東京選抜と

アメリカ代表の試合が幕を閉じていた

 

第1試合が5-5の引き分け

第2試合は3-2でアメリカが勝利

 

<ダイヤのA 129話より>

 

試合後にはお互いの健闘を称えて

選手が交流する姿は

やっぱりいいものですねー

 

最初こそアメリカ代表は上から目線で

品定めしてやるよ!的な感じで

腹立ちましたが

最後には東京選抜の実力を認めて

和やかに終わることができて

本当に良かったと思います

 

 

レギュラー陣の登場

ピンチを切り抜け盛り上がる青道ベンチ

 

ここで監督から沢村に交代の指示が出ます

 

それに真っ向から反抗する沢村

<ダイヤのA 129話より>

 

この辺は相変わらず頑固ですねw

 

制球の乱れを指摘されても

 

最初から最後まで投げると決めていると

堂々と宣言します

 

青道の中で監督にこれだけ真っ向から

ものを言えるのはやはり沢村だけですね

 

御幸がいないのもあるでしょうし

最初に任せると監督に言われたのもあるでしょう

まったくマウンドを降りる気はないようです

 

そして監督の出した条件は

一人でも塁にランナーが出れば

その時は代えるからな

<ダイヤのA 129話より引用>

 

あれだけ苦しんだ後にこの条件

無理だろうと思いますが

今の沢村ならやってくれるのでは。。。

と期待してしまいますね

 

そして沢村の打席

奥村からは大人しくしていろと言われましたが

 

<ダイヤのA 129話より>

 

まったく聞かずフルスイング!

 

しかも内野ゴロで1塁へ全力疾走

 

スタミナを温存する気がまったくありませんw

 

そしてここで主力の登場

 

代打・倉持!!

<ダイヤのA 129話より>

 

ベンチで溜めたフラストレーションを

一気に出してほしいところですねw

 

 

スポンサーリンク

夏に向けて

アメリカ代表との試合も終わり

総括に入る東京選抜

 

監督を務めた国友監督から皆に

ねぎらいの言葉が贈られる

<ダイヤのA 129話より>

 

様々なチームから集めた選手を

上手くまとめた国友監督はさすがですね

 

夏の甲子園に向けて同じ地区のライバル

なるべく手の内は見せたくないところも

考慮してその手腕をいかんなく発揮したと思います

 

御幸としては成宮の球を実践で捕れたことは

青道にとって大きいと思います

 

仲間として戦った3日間の試合

次に会うときはライバル同士

 

各チーム夏に向けて動き出します!

 

 

129話のまとめ&感想!

 

東京選抜はアメリカ代表に勝てはしなかったものの

相手の本気を引き出し

戦い抜いたことで得たことも大きいでしょう

 

アメリカも東京選抜がこれだけやるとは

思ってなかったようですし

結果としては上々でしょう

 

青道高校VS西邦高校は

試合も佳境に入ってきました

 

ピンチの後に主力を代打で出す青道

 

倉持が副キャプテンとして

リードオフマンとして

その力をフルに発揮するのか!?

<ダイヤのA 129話より>

【ダイヤのA】130話ネタバレ感想!御幸への稲実の罠!西邦戦の行方は!?

2018.07.12
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です